Projects - 北3西の部屋(2005)



改修前は南側に3つの部屋があったのですが、それらをつなげて1つの大きな部屋とし、その大きさを活かした「おおらかな部屋」を考えました。条件としては、クライアントがもともと所有していた大量の本のための本棚と、以前使っていた幾つかの椅子をそのまま使いたい、というのが主な要望でした。
まず大きな部屋の真ん中に1.2×4.8mの大きなテーブルを置きました。このテーブルの周りは、たとえばキッチンの近くはダイニングとして、本棚の近くは書斎のように使います。テーブルはとても大きいので、座る位置によって近づいたり遠のいたりするのですが、1つのテーブルなのでどこに座ってもなんとなくつながった感じがします。こうすることで、ふたりの生活の間にほどよい距離感をつくりだします。また、窓の近くの床は40cmほど高くしているので、部屋の奥は陽あたりのよい縁側のような場所になっています。ここでは植物を育てたり、天気のよい春の休日に昼寝をするととても気持ちよいでしょう。
大きな部屋の大きなテーブルの周りに、食べ物を食べたり、本を読んだり、寝転がったり、植物を育てたりと、いろんな居場所がある。また、友だちが数人集まってお茶やお菓子を楽しんだり、何人も集まってわいわいと鍋を囲んだりもできる。「おおらかな部屋」とは、そんな風にいろんな日常の可能性が常に感じられるような部屋なのではないかと考えました。

用途:住宅(リノベーション)
所在地:北海道札幌市
面積:82.3m²
施工:昭栄技研工業
家具:札幌建具センター
撮影:永井杏奈(模型:gl)

Room N3W
Before the renovation, the south side of the apartment had three rooms, but they were connected into one generous room. The residents laid these conditions; they want a bookshelf that can hold all their books and also to use few of the chairs they used before.
First, a big table (1,2x4,8m) in the middle of the room so that the side near the kitchen can be used as a dining table and the side near the bookshelf can be used as a writing desk.The table is so big that people can be close by or far yet there is always a feeling of being connected no matter where they sit. Window side floor, (traditional wooden strip of flooring called 'Engawa'), is made 40 cm higher so that it can be used as a greenhouse or where you can take a nap in the pleasant sunshine.
Around the big table is a place where you can eat, read, lie or grow plants. With few friends they can gather around the table and enjoy coffee and sweets or with more people have one pot dish('nabe')-parties.
Our idea is that the generous room is such a room where residents can feel different possibilities for their daily life.



















(C) gl All Right Resereved. | Facebook